早期発見

October 18, 2012

グリグリに気がついて1年経ちました。

なかなかブログ更新できないまま、10月5日に2回目のアイソトープ治療を済ませてきました。

しんどいのはしんどかったんですが、かといって日常生活は普通に続けていました。(バタバタと騒がしいワタイの日常は、平日日刊「アムステルダムだより」でお伝えしています。お暇つぶし読み物としてどうぞw。) 

隔離のために入院していた2泊3日以外、ずっとフルタイム以上で働いていたので、ホルモンの枯渇、ヨード制限、放射性物質投与と、振り返ると結構なダメージが体にあったのだなあと考えるようになるのは、そういう日々が続いた後、毎日徐々に復活しつつあるのが体感できる今になってからです。本当に、アホほど頑丈で暢気に出来ている私やなあと(ヒトゴトのように)思いますです。


昨年の今日、焼きサンマのお弁当を食べて、喉にグリグリがあるのに気付きました。その時は、理由が分からないために、不審で不安でありましたが、ジェットコースターに乗ったような一連の治療、そのついでの結婚、もしものときの対策についてのオッサンとの話し合いなど、いろいろなことがあってのあっという間の一年でした。

甲状腺乳頭癌になったこと、甲状腺とその機能を失くしたは不幸なことですが、早期発見できたこと、医療関係者、研究者のみなさんとホルモン剤のお陰で普通の生活が継続できることは、本当の幸福なことであり、やはり私はラッキーだと思うというのが、グリグリ発見から1年経った私の感想です。


それを書きたかった、2012年10月18日の私です。


unga

新緑と、運河に浮かぶハウスボート。


追伸: 闘病中でも、闘病中でない人も、はたまた妊娠&授乳中のお友達でも、頑張ってる人を応援したいときは、おみまい便三角ビーズクッションか、イルカの抱き枕のプレゼントをお勧めします。しっかり休養することと、アナタが応援してくれている気持ちが、何よりの「栄養」になりますから!


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


woneninams at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

April 09, 2012

早期発見は、焼きサンマ弁当のおかげ!

2011年10月18日火曜日のこと。オランダ語でのヘルプが必要ということで、知り合いの日本人女性に付き添ってアムステルダムの郊外におりました。その用事の合い間に彼女が、その近くといえば近くにある鮮魚店に行ったことがないというので、「それでは行くしかないでしょ~!」と、オランダで唯一、日本人のご夫妻が経営されているお魚屋さんに立ち寄りました。

和食が定着したといえば聞こえがよくても、事実は怪しげな寿司もどきが横行しているオランダです。でも、そのホントの魚屋さんには、ホンモノのお寿司やお刺身だけでなく、オランダのスーパーにはない新鮮な魚介類や和食材、大将自家製のお惣菜などがあって、大変「目の毒」なお店でもあります(笑)。


多分に漏れず、初めてそのお魚屋さんを訪れた在外生活の長い知り合いが、長らくお目にかかってない品々に欣喜雀躍している横で、私は大将と世間話をしておりました。そして、カウンターにあった日替わり弁当をふと見たら、なんと「焼きサンマ弁当」ではありませんか! 日本にいらっしゃる方には、タダのお弁当かもしれませんが、一般ルートでサンマが市販されていないオランダに住んでいる日本人にしてみたら、「じゅうじゅういってる焼きたてのサンマ」というコトバだけで白いご飯が一膳は食べられるぐらいですから、「焼きサンマ弁当」の実物を目にするというのは、雷に打たれたような衝撃です。即、購入。


そして用事も済んで、お弁当を大事に抱えてオフィスに戻ってきました。私の代わりに店番をしていたうちのオッサンが出て行き、待ちに待ったお弁当タイムの始まりです。ここでもゆっくりと味わいたいところですが、それは営業中の身。朝と昼はサンドイッチのみで、冷たくなった食事を食べるという概念を理解できないオランダ人の来客がいつくるか分からないので、そこまで時間をかけられません。

「サンマ~、サンマ~、お久しぶり~、サ・ン・マ~」と口に出さずともそれぐらい興奮しながら、誰も入ってこないことを祈りつつ、外から見えないオッサンのデスクで、数年ぶりの焼きサンマを食べ始めました。おいしさに感動しながら、調子に乗って大き目の白いご飯の塊を飲み込んだときのことです。感じたことのない違和感というか、なんか引っかかるような気がしました。

あれ、おかしいなあと思って、違和感のあった喉元に手をやると、なんかグリグリがあります。厚い脂肪に包まれているせいもあって、見た目には変わったところはありません。それでも触るとグリグリという形容がぴったりな塊りが感じられました。グリグリを指で押してみたら、痛くはないけどなんか普通ではない感じ。。。オランダ語でいう gevoelig というのが、私にはぴったりきた感じです。Gevoelig は、英語にすると Sensitive 、日本語に訳すと「感じやすい」とか「敏感な」みたいな単語ですが、例えばズキズキとかジンジンとか刺すようなはっきりした痛覚はないけれど、普段は忘れてる治りかけの擦り傷に何かが触れた時のようなというか、不意に噛んでから思い出す一昨日の歯の治療の名残りの疼きというか、そこまではっきりと認識できない程度の普通ではない感じでした。


戻ってきたオッサンにグリグリを触らせても、「なんかあると言えばあるけど、医者に行けば?」という予想通りの反応。だって彼は医者でもなければ、普段から人体になんて興味がないタイプ。突然「ここにグリグリあるみたい」と言われてもねえ(笑)。


と、いうことで、たまたま別件(2011年4月の原付事故の後遺症。左肩の痛み)でホームドクターの予約を取っていたので、焼きサンマ弁当の日から6日後の10月24日に、ついでという感じで「ここにグリグリがあるんですけど」と言ったのが、一連の治療の始まりでありました。


他人の目から見れば、甲状腺癌になったのは不運、不幸、可哀相なことなのかも知れません。でも、普段は行かない日に魚屋さんに行って、たまたま「焼きサンマ弁当」の日でなければお弁当の冷めたご飯の塊りをオフィスで飲み込むこともなかっただろうし、交通事故の件がなければわざわざホームドクターに行かなくて、ゆっくりとはいえ確実に腫瘍は進行していただろうから、私ってなんてラッキーなんだろうと思います。「関係ないっすよ」と大将に笑われそうですが、おいしいだけでなく早期発見のきっかけになった「焼きさんま弁当」をあの日に作ってくれたお魚屋さんにも感謝感激です!

能天気と言われようが、幸せな思考回路と呼ばれようが、ちょっとぐらいのことでは滅多に医者にも行かず、普段からナイフとフォークで小さく切ってから口に運ぶ食生活をしている私にしてみれば、これらの偶然が早期発見に繋がったとしか考えられず、ありがたいなあと思ってしまうわけであります。


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

woneninams at 14:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote