October 18, 2012

グリグリに気がついて1年経ちました。

なかなかブログ更新できないまま、10月5日に2回目のアイソトープ治療を済ませてきました。

しんどいのはしんどかったんですが、かといって日常生活は普通に続けていました。(バタバタと騒がしいワタイの日常は、平日日刊「アムステルダムだより」でお伝えしています。お暇つぶし読み物としてどうぞw。) 

隔離のために入院していた2泊3日以外、ずっとフルタイム以上で働いていたので、ホルモンの枯渇、ヨード制限、放射性物質投与と、振り返ると結構なダメージが体にあったのだなあと考えるようになるのは、そういう日々が続いた後、毎日徐々に復活しつつあるのが体感できる今になってからです。本当に、アホほど頑丈で暢気に出来ている私やなあと(ヒトゴトのように)思いますです。


昨年の今日、焼きサンマのお弁当を食べて、喉にグリグリがあるのに気付きました。その時は、理由が分からないために、不審で不安でありましたが、ジェットコースターに乗ったような一連の治療、そのついでの結婚、もしものときの対策についてのオッサンとの話し合いなど、いろいろなことがあってのあっという間の一年でした。

甲状腺乳頭癌になったこと、甲状腺とその機能を失くしたは不幸なことですが、早期発見できたこと、医療関係者、研究者のみなさんとホルモン剤のお陰で普通の生活が継続できることは、本当の幸福なことであり、やはり私はラッキーだと思うというのが、グリグリ発見から1年経った私の感想です。


それを書きたかった、2012年10月18日の私です。


unga

新緑と、運河に浮かぶハウスボート。


追伸: 闘病中でも、闘病中でない人も、はたまた妊娠&授乳中のお友達でも、頑張ってる人を応援したいときは、おみまい便三角ビーズクッションか、イルカの抱き枕のプレゼントをお勧めします。しっかり休養することと、アナタが応援してくれている気持ちが、何よりの「栄養」になりますから!


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


woneninams at 18:34│Comments(0)TrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
患者ケイコの心境 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字